微子第十八

【論語】微子第十八07「子路従いて後る」

微子第十八
スポンサーリンク

「子路從而後、遇丈人以杖荷蓧」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

子路が一行から遅れた。

孔子を探す道で杖つき籠を背負った老人に会った。

子路が尋ねた「私の先生を見ませんでしたか?」

老人が言った「体を動かして働きもせず、穀物を自分で見分ける事もできない。そんな人を先生と呼ぶのか?」

老人は杖を地面に突き刺して草刈りを始めた。

子路が敬意を表して腕を組んで立っていると老人は子路を家に泊め

鶏と黍飯を食べさせ二人の息子を紹介した。

翌日に追いついた子路がこの事を告げると

孔子が言った「隠者だ。」

子路にもう一度老人に会うよう命じた。

子路は老人を訪ねたが、留守なので息子に伝言した。

「出でて仕える心がないのは義とはいえませぬ。もし、長幼の序が大切でありますなら君臣の義をすてていいという道理はありますまい。

道が行なわれないからといって自分の一身をいさぎよくすれば、大義をみだすことになります。

君子が出でて仕えるのは君臣の義を行なうためであり、道が行なわれないこともあるということは、むろん覚悟のうえであります。」

【原文】子路從而後、遇丈人以杖荷蓧

原文です。

子路從而後、遇丈人以杖荷蓧、子路問曰、子見夫子乎、丈人曰、四體不勤、五穀不分、孰爲夫子、植其杖而芸、子路拱而立、止子路宿、殺鶏爲黍而食之、見其二子焉、明日子路行以告、子曰、隠者也、使子路反見之、至則行矣、子路曰、不仕無義、長幼之節、不可廢也、君臣之義、如之何其可廢之、欲絜其身而亂大倫、君子之仕也、行其義也、道之不行、已知之矣、

微子第十八その7

【読み下し文】子路従いて後る

読み下し文です。

読み下し文

子路しろしたがいておくる。じょうじんつえもっかごになうにう。

子路しろいていわく、ふうたるか。

じょうじんいわく、たいつとめず、こくわかたず、たれをかふうすと。

つえててくさぎる。子路しろきょうしてつ。

子路しろとどめて宿しゅくせしめ、にわとりころしょつくりてこれくらわしめ、

二子にしまみえしむ。明日めいじつ子路しろきてもっぐ。

いわく、隠者いんじゃなりと。子路しろをしてかえりてこれせしむ。

いたればすなわれり。子路しろいわく、つかえざればし。

ちょうようせつはいすべからざるなり。

君臣くんしんは、これ如何いかんこれはいせん。

いさぎよくせんとほっして大倫たいりんみだる。

くんつかうるや、おこなうなり。

みちおこなわれざるは、すでこれれり。

スポンサーリンク

微子第十八07【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子路、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント