微子第十八

【論語】微子第十八08「其の志を降さず、其の身を辱しめざるは」

微子第十八
スポンサーリンク

「不降其志、不辱其身」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

世捨て人に、伯夷・叔齊・虞仲・夷逸・朱張・柳下惠・少連がいる。

孔子が言った「その志を引き下げることなく、その身を辱めなかったのは、伯夷・叔齊だ」

柳下恵・少連を批評して言った「志を引き下げ、身を辱めた。しかし言葉は道理にかない、行いは思慮にかなっていた。柳下恵・少連の評価すべき点はここだけだ。」

「私はこれらの人々とは異なる。是も無く不可も無い。」

【原文】不降其志、不辱其身

原文です。

逸民、伯夷、叔齊、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連、子曰、不降其志、不辱其身、伯夷叔齊與、謂柳下惠少連、降志辱身矣、言中倫、行中慮、其斯而已矣、謂虞仲夷逸、隠居放言、身中清、廢中權、我則異於是、無可無不可、

微子第十八その8

【読み下し文】其の志を降さず、其の身を辱しめざるは

読み下し文です。

読み下し文

逸民いつみんには、はくしゅくせいちゅういつしゅちょうりゅうけいしょうれんあり。

いわく、こころざしくださず、はづかしめざるは、はくしゅくせいか。

りゅうけいしょうれんう。

こころざしくだはずかしむるも、げんりんあたり、おこないはりょあたる。

これのみ。ちゅういつう。

隠居いんきょして放言ほうげんし、せいあたり、はいけんあたる。

われすなわこれことなり。く、不可ふかし。

スポンサーリンク

微子第十八08【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント