微子第十八

【論語】微子第十八09「大師摯は斉に適く」

微子第十八
スポンサーリンク

「大師摯適齊」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

楽師長の摯は斉に去った。二番目の楽師の干は楚に去った。

三番目の楽師の繚は蔡に去った。四番目の楽師の缺は秦に去った。

太鼓担当の方叔は黄河流域へ去った。

振り鼓担当の武は漢水流域へ去った。

楽師長補佐役の陽と石太鼓担当の襄は海の島へ去った。

【原文】大師摯適齊

原文です。

大師摯適齊、亞飯干適楚、三飯繚適蔡、四飯缺適秦、鼓方叔、入於河、播鼗武、入於漢、少師陽、撃磬襄、入於海、

微子第十八その9

【読み下し文】大師摯は斉に適く

読み下し文です。

読み下し文

たいせいく。はんかんく。

三飯さんぱんりょうさいく。はんけつしんく。

ほうしゅくる。とうかんる。

しょうよう撃磬げきけいじょううみる。

スポンサーリンク

微子第十八09【分類】

誰の言葉?

言った人 : 不明

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント