顔淵第十二

【論語】顔淵第十二08「君子は質のみ、何ぞ文を以て為さん」

顔淵第十二
スポンサーリンク

「君子質而已矣、何以文爲」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

棘子成が言った「人格者は己の本質を大切にすべきだ。教養を身に付ける必要はない」

子貢が言った「残念だが、あの方の君子論は誤りだ。

失言を取り消すことはできない。

教養は人間性に深く関係し人間性は教養と深く関係する。

虎や豹の毛皮から毛を抜くと犬や羊の革と見分けがつかない。」

【原文】君子質而已矣、何以文爲

原文です。

棘子成曰、君子質而已矣、何以文爲、子貢曰、惜乎、夫子之説君子也、駟不及舌、文猶質也、質猶文也、虎豹之鞟、猶犬羊之鞟、

顔淵第十二その8

【読み下し文】君子は質のみ、何ぞ文を以て為さん

読み下し文です。

読み下し文

きょくせいいわく、くんしつのみ。なんぶんもっさんと。

こういわく、しいかな、ふうくんくや。したおよばず。

ぶんしつのごとく、しつぶんのごときなり。

ひょうかく犬羊けんようかくのごとし。

スポンサーリンク

顔淵第十二08【分類】

誰の言葉?

言った人 : 棘子成、子貢

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント