顔淵第十二

【論語】顔淵第十二09「哀公、有若に問いて曰わく」

顔淵第十二
スポンサーリンク

「哀公問於有若曰」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

哀公が有若に尋ねた「今年は不作で歳入が足らない。どうしたら良いだろうか?」

有若が答えた「年貢を一割に下げては?」

哀公「二割でも不足なのに一割に下げる理由は?」

有若「人民が豊かならば君主が貧しいでしょう。人民が貧しいのにどうして君主が豊かになれますか」

【原文】哀公問於有若曰

原文です。

哀公問於有若曰、年饑用不足、如之何、有若對曰、盍徹乎、曰、二吾猶不足、如之何其徹也、對曰、百姓足、君孰與不足、百姓不足、君孰與足、

顔淵第十二その9

【読み下し文】哀公、有若に問いて曰わく

読み下し文です。

読み下し文

哀公あいこう有若ゆうじゃくいていわく、としえて、ようらず。

これ如何いかんせん。有若ゆうじゃくこたえていわく、なんてっせざるや。

いわく、だにもわれらず。これ如何いかんてっせんや。

こたえていわく、ひゃくせいらば、きみたれともにからざらん。

ひゃくせいらずんば、きみたれともにからん。

スポンサーリンク

顔淵第十二09【分類】

誰の言葉?

言った人 : 哀公、有若

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント