郷党第十

【論語】郷党第十08「食は精を厭わず、膾は細きを厭わず」

郷党第十
スポンサーリンク

「食不厭精、膾不厭細」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

飯の精米具合などを気にしたりなますの厚みを気にしたりしない。

時間が経過して色あせた飯や魚や肉は食べない。

変色した食べ物は食べない。悪臭のする食べ物は食べない。

精気を失った食べ物は食べない。季節はずれの食べ物は食べない。

切り口の雑な食べ物は食べない。適切な味付けでなければ食べない。

肉は多くても飯の量を超えて食べてはならない。

酒は飲んではならない。酔うほどには。

市場で買った酒と干し肉は食べない。

口直しの生姜は忘れずに食べるが食べ過ぎてはならない。

主君の行う祭祀でいただいた肉はその日の内に食べる。

自らの祭祀では三日以上肉を供えない。

三日以上過ぎてしまった場合はその肉は食べない。

食べる時には話さない。寝るときにも話さない。

例え粗末な供え物であっても祭祀で捧げる時は恭しい態度を損なわない。

【原文】食不厭精、膾不厭細

原文です。

食不厭精、膾不厭細、食饐而餲、魚餒而肉敗不食、色惡不食、臭惡不食、失飪不食、不時不食、割不正不食、不得其醤不食、肉雖多、不使勝食氣、唯酒無量、不及亂、沽酒市脯不食、不撤薑食、不多食、祭於公、不宿肉、祭肉不出三日、出三日、不食之矣、食不語、寢不言、雖蔬食菜羮瓜、祭必齊如也、

郷党第十その8

【読み下し文】食は精を厭わず、膾は細きを厭わず

読み下し文です。

読み下し文

せいいとわず、なますほそきをいとわず。

してあいし、うおたいしてにくやぶれたるはらわず。

いろしきはらわず、においのしきはらわず、

じんうしなえるはらわず。ときならざるはらわず。

ることただしからざればらわず。しょうざればらわず。

にくおおしといえども、食気しきたしめず。

さけりょうし、らんおよばず。しゅ市脯しほらわず。

はじかみてっせずしてらうも、おおくはらわず。

こうまつればにく宿しゅくせず。祭肉さいにく三日さんじつでず。

三日さんじつずれば、これらわず。らうにかたらず、ぬるにわず。

蔬食そし菜羮さいこううりいえども、まつるときはかなら斉如せいじょたり。

スポンサーリンク

郷党第十08【分類】

誰の言葉?

言った人 : 不明

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント