子路第十三

【論語】子路第十三09「子、衛に適く、冉有僕たり」

子路第十三
スポンサーリンク

「子適衛、冉有僕」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が衛に行った時、冉有がお供をして馬車を御していた。

孔子が言った「この国の人口は大したものだ」

すると再有がたずねた「これだけ人が集れば結構でございますが、この上は、どういうことに力を注ぐべきでございましょう」

孔子「経済生活をゆたかにしてやりたいね」

冉有「もし経済生活がゆたかになりましたら、その次には?」

孔子「文教を盛んにすることだ」

【原文】子適衛、冉有僕

原文です。

子適衛、冉有僕、子曰、庶矣哉、冉有曰、既庶矣、又何加焉、曰、富之、曰、既富矣、又何加焉、曰、教之、

子路第十三その9

【読み下し文】子、衛に適く、冉有僕たり

読み下し文です。

読み下し文

えいく。冉有ぜんゆうぼくたり。

いわく、おおきかな。冉有ぜんゆういわく、すでおおし。またなにをかくわえん。

いわく、これまさん。いわく、すでめり。またなにをかくわえん。

いわく、これおしえん。

スポンサーリンク

子路第十三09【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子、冉有

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント