陽貨第十七

【論語】陽貨第十七09「小子、何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや」

陽貨第十七
スポンサーリンク

「小子何莫學夫詩」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が言った「きみ達はどうして詩を学ばないのだ。

詩は心を奮い立たせ、物事を観察することができ、

人々と共に友好を深められ、恨み言も表現できる。

家では親孝行でき主君に忠実になれる。

また鳥獣草木の名も憶える事ができる。」

【原文】小子何莫學夫詩

原文です。

子曰、小子何莫學夫詩、詩可以興、可以觀、可以羣、可以怨、邇之事父、遠之事君、多識於鳥獣草木之名、

陽貨第十七その9

【読み下し文】小子、何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや

読み下し文です。

読み下し文

いわく、しょうなんまなぶこときや。

もっおこすべく、もっるべく、もっぐんすべく、もっうらむべし。

これちかくしてはちちつかえ、これとおくしてはきみつかう。

おお鳥獣ちょうじゅう草木そうもくる。

スポンサーリンク

陽貨第十七09【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント