雍也第六

【論語】雍也第六09「季子、閔子騫をして費の宰たらしむ」

雍也第六
スポンサーリンク

【論語】「季氏使閔子騫爲費宰」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

季氏が、閔子騫を費の宰相に任命しようとし使者をさしむけた。

閔子騫は使者に言った「辞退の意志をお伝え下さい。再び私を宰相に任命しようとされるのであれば、私は魯国を出て文水のほとりに居りましょう。」

【原文】季氏使閔子騫爲費宰

原文です。

季氏使閔子騫爲費宰、閔子騫曰、善爲我辭焉、如有復我者、則吾必在汶上矣、

雍也第六その9

【読み下し文】季子、閔子騫をして費の宰たらしむ

読み下し文です。

読み下し文

季氏きしびんけんをしてさいたらしめんとす。

びんけんいわく、ためせよ。

われふたたびするものらば、すなわわれかならぶんほとりらん。

スポンサーリンク

雍也第六09【分類】

誰の言葉?

言った人 : 不明

お役立ち度

お役立ち度 : 2 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

私が読んだ(読んでいる)書籍を紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント