公園・庭園

千葉県の絶景・観光・撮影スポット(公園・庭園)|【21世紀の森と広場】松戸の憩い場

公園・庭園

車で千葉県内の名所や観光スポットを巡り写真を撮ってます。

行ってみた感想や撮影した画像などを中心に各所の紹介をしています。

気になる場所があればぜひ直接『訪れて・見て・感じて』いただければ幸いです。

スポンサーリンク

広大な敷地に自然がいっぱい|21世紀の森と広場

[撮影場所]千葉県松戸市

今回訪れた21世紀の森と広場があるのは、千葉県松戸市千駄堀になります。松戸市のほぼ中央。

常盤平というと聞いたことのある人も多いかも知れません。

Google Map では以下になります。

21世紀の森と広場は、JR武蔵野線の新八柱駅から近く、常盤平という大きな団地に隣接する形です。

Google Map で見て分かる通りかなり大きな敷地を有する広場で、中央付近を南北に幹線道路が貫いています。
この道路は高架になっていて、広場内から見上げることができます。ユニークな作りですよね。

[施設概要]21世紀の森と広場

広大な敷地内には多くの自然や広い人工池、里山があり歩いて回るだけでもかなりの時間が必要です。

散策コースや休憩所もいくつかあって、アップダウンの遊歩道をのんびり散歩することもできます。

手入れの行き届いた花木が四季折々の景色を楽しませてくれます。

・公園自体は無料
・里の茶屋、カフェ、BBQ場などもあり(営業状況は要確認)
・松戸市立博物館も同じ敷地にあり

【公園利用時間】
・午前9時から午後5時

[ポイント]アクセス良好、四季を通じて楽しめる

景観の良さ・みどころ : 5 out of 5 stars (5 / 5)
アクセス・交通の便  : 5 out of 5 stars (5 / 5)
周辺施設・食事処   : 2 out of 5 stars (2 / 5)
おススメ度      : 4 out of 5 stars (4 / 5)

沢山の自然に囲まれ、野鳥や草花が一年中見られます。

電車ならJRと新京成線が利用でき、アクセス良好です。
車の場合、付近の道路は交通量が割と多く片側一車線の狭い道もあるため注意が必要です。

駐車場は敷地に隣接しています。有料となっており終日利用で500円です。※西駐車場だけ時間制!

スポンサーリンク

4つのエリアをご紹介

光と風の広場

中央口から入ってすぐ、階段をおりて進んだ先に広がるエリアで敷地の東側にあたります。


子供の遊具などもこちらにあって、家族連れの方はこちらでテントを張って楽しんでいるようです。

池の広場、千駄堀池周辺

西側には千駄堀池という大きな人工池があり、周辺にはカフェテラスやパークセンターがあります。

西口から入ると近いです。

池の西側から東側をみたところ(高架の道路が見えます)と、池の南側から見た北方面のショット。


池の近くにはパークセンターとカフェテラスが建っています。カフェテラスでは屋外で景色を楽しみながらくつろぐことも出来ます。


池の広場付近からの景観。池には野鳥のオブジェ。

公園を縦断する道路の高架下はちょっとした休憩場所となっていて、キッチンカーやイートスペースもあります。

広い花壇には色とりどりの花が咲き誇っていてとても綺麗です。

みどりの里

千駄堀池から南の方へ行くとみどりの里エリアが広がっています。

こちらのエリアでは小川が流れていたりあぜ道の通りになっていて、のどかな感じが堪能できます。

秋口に撮影したものなので少し物悲しい感じですが、春の桜シーズンには美しい桜並木も楽しめそうです。

また、この公園、実はコスプレーヤーの方にも人気のあるスポットで、この時も茶屋の片隅で撮影している方に遭遇しました。

歴史ものの恰好をされている方、他にも結構いました。

つどいの広場

みどりの里を抜けてさらに南側へ行くと、つどいの広場があります。



写真を見て頂くと分かる通り、こちらは芝生の広場が続いていて、生い茂る木々の緑や青空がパノラマで楽しめるエリアとなっています。

このエリア、奥まった場所にあるせいかそれほど人も密集しておらず、落ち着いて過ごせるスポットです。


ちょうど紅葉の季節でいい具合に色付き始めていました。
四季に応じて色んな自然が楽しめるので、写真好きの方にもおすすめです。

スポンサーリンク

公園以外も見どころあり

公園外からの眺めも〇

中央の道路を南から北へ向かって撮影

公園上を縦に走る道路から公園を見下ろすのも楽しいです。

広い公園や池が一望でき、遠くの街並みと自然のギャップも画になります。

縄文の森、生命の森・親緑の丘

縄文の森には、以下のような竪穴住居が建っていて縄文人の暮らしの様子を見ることができます。


生命の森エリア。

シーンと静まり返った雰囲気の中に、木の枝や葉で作られたオブジェがあり、異世界に迷い込んだような錯覚に陥ります。

スポンサーリンク

車で行く場合の注意点

駐車スペースあります(有料)

敷地に隣接した駐車場がありますが、終日利用で500円(普通車)となります。※西駐車場以外
(西駐車場は時間制となっていますので注意!)

都内や近郊以外からも多く訪れるので、土日・祝日はすぐに埋まるようです。
早めに行くなど対策した方がよいでしょう。(近隣には時間貸しも少ないです)

また同じ敷地内の森のホール21には地下駐車場(イベント時のみ)もあります。

グーグルナビ

付近は交通量が比較的多く、片側一車線の狭い道もあります。
公園脇を線路が通っており、時間帯によっては踏切渋滞することもあるので注意が必要です。

Google で住所検索するならこちら「〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀269」です。

21世紀の森と広場 詳細

施設や詳しいアクセス方法については、本家ホームページを参照ください。

21世紀の森と広場

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント