ギターつぶやき日記

子供向けギター【PLAYTECH ST025M】外観レビュー

ギター

音楽好きな方なら自分の子供になにか楽器をやってほしいと思ったことありませんか。
自分でも楽器を弾いたりするのなら、「いつかは親子で一緒に演奏したい」なんて考えるのは普通だと思います。
でも続くかどうか分からないのにいきなり高い楽器を購入するのはためらいます。

我が家には自分のギターはありますが、息子には大きすぎて弾きづらそうだったので、興味を持ったタイミングで子供用のギターを購入することにしました。

こんな方に向いてます
  • 子供にギターを弾かせたい
  • 子供がギターに興味を持ち始めた
  • 最初のギターをどれにしたらいいか考えている
スポンサーリンク

PLAYTECH ST025M(Yellow) を購入!

いきなりですが幼稚園の息子がギターをやりたいと言い出したので、子供用にミニサイズのギターを購入しました。

開封の儀を兼ねて外観のチェックです。

開封の儀

今回購入したのは SoundHouse のプライベートブランド PlayTech の子供用ミニサイズギターです。
PlayTech シリーズは初心者にも優しい低価格。豊富なラインナップがあり魅力的なシリーズになっています。

今回子供用に購入にいたったのもこの価格面の後押しがあったからと言ってもよいでしょう。

ギター本体をネットで購入したのはこれが初めて。こんな風に段ボールに入って届きました。

箱の中身はウレタンシートにくるまれたギター。
ネック裏とボディ底、側面にあたる部分に緩衝材も入っていて、とりあえずそれなりに保護された状態ではあります。

シートから取り出すと鮮やかな黄色のボディ。一見してストラトと分かるシェイプ。

パッと見は普通のストラトと変わりなく見えますが、通常のサイズと比較すると二回りほど小さいです。

全体

まずは全体像を正面から。

どうみてもストラトですね。

背面側。ちゃんとコンター加工もしてあって、やっぱり普通のストラトです。

扱いやすいサイズ

スペック

スペックについてはSoundHouseさんの商品ページから抜粋です。

■エレキギター
■ストラトタイプ ジュニアサイズ
■カラー:イエロー
■ボディ:ホワイトウッド
■ネック:メイプル ボルトオン、ナチュラルマットフィニッシュ
■指板:ローズウッド
■ナット幅:40mm
■スケール:570mm
■フレット:22フレット
■ピックアップ: シングルピックアップx3
■コントロール:1ヴォリューム、1トーン、5WAYスイッチ
■クロームハードウェア
■ブリッジ:ノントレモロタイプ
■全長:88cm

ジュニアサイズだけあって、スケールが570mmとかなりショートなのが数字からも見て取れます。

カタログスペックには記載ありませんが、我が家の体重計で測ったところ、重さは約2.8Kgでした。

比較的軽いと言われるストラトで一般的に3.5Kgくらいなので、それと比べてもかなり軽量です。

うちにあるTokaiのレスポールタイプは4Kgオーバーなので、重さの違いは歴然。

スケールの違いについて

ギターは形によってネックの長さ(厳密には弦の端から端までの長さ)が異なります。

一般には以下の3つのスケールが標準的です。

スケールサイズ主なギター
ショートスケール609mmムスタング、ジャガー
ミディアムスケール628mmレスポール、SG
ロングスケール648mmストラト、テレキャス

これから見ても570mmがどれだけ短いか分かるかと思います。

サイズ感

残念ながら我が家にはストラトがないのでレスポールとの比較になります。

写真で見ると一目瞭然! かなり小さいのが良く分かります。

スケールもさることながらボディサイズも小さくなって可愛らしいです。

ちなみにイエローカラーは息子が選びました。(自分ではチョイスしないカラーなので新鮮)

スポンサーリンク

部位チェック

各部位を見ていきます。

ヘッド

ストリングガイドも付いてました。

ペグはクロームの小型ロトマチックが使われています。値段相応でしょう。

PlayTechのヘッドプリントはちょっと安っぽいです。

こちらはヘッド裏側。特におかしなところもなく、何も言われなければフェンダーのヘッドかなと思ってしまいそう。

しいてあげるなら、ヘッドが小さい分ペグの間隔はかなり近いです。

ネック、指板

指板にはローズウッドが使われています。

指板表面や側面の仕上げも雑なところはなく、ネック背面やフレット処理にいたるまできちんと作り込まれており、プレイには全く影響ありません。

22フレットあるので通常の演奏で困る事もないでしょう。

ボディ

ボディの細かい部分を見ていきます。

ビップアップもシングル3発で、しっかりとストラトしてます。

ストラトの特徴の一つボルトオンネック。ネックプレートもしっかりしていて見た目も悪くありません。

ブリッジを見て分かる通り、アーム用の穴がなく利用できません。
まぁ使わないですけどね、、、

スポンサーリンク

その他の部位

開けたばかりなのでピックアップにもピックガードにもまだビニールが付いたままですが、、、

エレクトリックパーツ

本家のストラト同様シングルコイルのピックアップが3つ。

少しアンプで鳴らしてみましたがノイズも少なく、パワーもあってかなりいい感じの出音でした。

ブリッジ、スイッチ類

1Tone、1Volumeで、ピックセレクターは5Wayです。

ブリッジサドルも普通のストラトと同様で、オクターブ調整・弦高調整もちゃんとできます。

スポンサーリンク

その他

園児が持った感じ

息子は現在6歳。特に大きい方ではありませんが持ってみた感じ特に違和感ありません。

まだ押弦の力加減が分かってないので、きれいに鳴らせないところもありますが、それなりに弾ける感じではあります。

ちなみにアコースティックも検討しましたが以下の理由から選択肢から外しました。

  • エレキに比べて弦が押さえにくい
  • ボディの厚みがあり弾きづらい



これならギターの重さや大きさに振り回されることはなさそうです。

なんとなく弾けてる感じ。

サイズ的にもちょうどよい気がします。

楽器としてのクオリティも必要十分備えているので最初の練習用にはもってこいです。

ギター単体で1万円以下ですし、アンプやその他の機材は必要に応じて買い揃えていけばよいかと思います。

まずはギターに慣れるという意味でベストチョイスでした。

本人も思った以上に楽しそうに弾いてます。

まとめ

以下のような方にPlayTechのギターはうってつけです。

  • 幼稚園~小学校低学年の子供向けのギターを探している方
  • アコースティックかエレキか迷っている方
  • 一万円以下で買えるギターを探している方(一般用のものもあります)
スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント