Dum-Dum

【Steam版】『Dum-Dum』|攻略日記2

Dum-Dum

進めていくにつれ出来ることが増えていくこのゲーム。

攻略のしがいがあります。

誰も出てこないものと思いきや、結構な数のキャラクターが存在するのが分かってきました。

スポンサーリンク

HOGO OS を使いこなす

操作を覚える

開始直後は以下の4つのカテゴリーしかありません。

出来ることを進めつつ、操作を覚えましょう。

といっても、普通のOSと同様、マウスとキーボードが主な操作方法になります。

  • GAMES
  • APPLICATIONS
  • SYSTEM FILES
  • TEXT BOOKS

ヒントを見つける

あるヒントを得て特定のオペレーションを実施すると出来ることが増えていきます。

ELECTROSHARE

メール機能とブラウザ機能が使えるようになります。

これが解放されるとかなり多くのヒントや情報を得られるようになります。

FAILURE

Windowsのブルースクリーンに相当するものですね。

一般的にはあまり見たくはない画面ですが、HOGO OS上で強制的に再起動させたいときに使えます。

BIOS

こんな画面まで用意されています。起動中に Delete キーを押すことで移行します。

最近では滅多にお目に掛かれないですね、、、

スポンサーリンク

出来ることから試す

とりあえず、初期状態で出来ることを片っ端から試していきます。

FILES系

FILES 以下には4つのカテゴリーがあります。

GAMES

GAMES は実績解除で必要な程度。
マインスイーパやソリティア、15パズルなど懐かしい系統のゲームもあるのでサクッと遊ぶのにはいいかも知れません。

APPLICATIONS

APPLICATIONSもほとんどは実績解除で必要なもの。

GAME BANK は ELECTROSHARE 解放後にやる事が出てきます。

SYSTEM FILES

SYSTEM FILES で重要になってくるのは BASIC BOX

MSX に馴染みのある自分としては BASIC と聞いて思わず涙が出てきます。
プログラミング言語のひとつです。

この BASIC BOX を使用して様々なコマンドやプログラムを実行することが出来ます。

WindowsでいうところのMS-DOSやコマンドプロンプトと同機能です。

TEXT BOOKS

TEXT BOOKS は上に書いたBASICプログラミングの解説やHOGO関連のドキュメント、あとは関係あるのかないのか分からない読み物が詰まっています。

BASIC PROGRAMMINGHOGO SITE LIST は重要です。

シナリオ進行系

明確な目的が現段階では不明ですが、アドベンチャーゲームなので特定の条件をクリアしていくことが求められます。

目立たないヒントを手掛かりにフラグを解除していくことが重要です。

READ ME はちゃんと読みましょう

デスクトップ上に何気なく置かれている READ ME ファイル。

読め” と言うからには読んでおいた方がいいでしょう。

前半部分は HOGO OS のアップデート内容が書かれてあります。

重要なのは後半部分。【KNOWN ISSUES(既知の問題)】として以下のように書かれています。

Dum-Dumでは同じ答えを何度も連続して入力すると、ELECTRO-SHARE セッションが開始されます。
この現象を確実に再現することはまだできませんし、 ELECTRO-SHARE はまだ公開されていないはずです。これは非常に困ったことです。

これで次にやる事は分かりました。

DUM-DUM しましょう

README のヒントをもとに DUM-DUM である事をするとお姉さんの話が変わります。

こんな感じでお姉さんがちょっと怒り気味になります

このあと話を進めていくといくつか選択肢を迫られます。
選択による分岐はさして重要ではないと思われ、ある程度話をすすめることで聞くことができる単語が重要です。
その言葉を BESIC BOX で入力すると FILES で機能が解放されます。

スポンサーリンク

3つの機能がカギ

ポイントとなる機能

BASIC BOX

SYSTEM FILES にある BASIC BOX は様々なコマンドが実行できます。

この先もかなり頻繁にコマンドを入力するものと思います。

かなり高度なプログラムも組むことができます。

TEXT BOOKS にある BASIC PROGRAMMING を読むと詳しい使い方が書かれています。

ELECTRO-MAIL

FILES の機能を解放することで使用できるようになる ELECTRO-MAIL。メールソフトです。

解放直後は BIGINNER’S EDITION とあり、入力可能なのは数字と絵文字だけ。

こちらも恐らくアップデートで機能が拡張されるものと思います。

HOGONET READER

同じく FILES の拡張で使えるようになるのが HOGONET READER。こちらはブラウザですね。

有効なアドレスがあればWEBページが参照できるようです。

とはいえ、最初はアドレスも不明なので、まずは使えそうなアドレスを探す必要があります。

ヒントになりそうなものはとりあえず TEXT BOOKS あたりですね。

スポンサーリンク

Dum-Dum|実績解除

実績解除方法

以下の記事で実績解除方法について紹介します。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント