realMyst

【Steam版】realMyst:Masterpiece Edition|セリフ(日本語訳)とエンディング

realMyst

エンディングとセリフ(英語、日本語)を公開。

スポンサーリンク

セリフ全パターン

ライブラリで最初に見つけるページを含めて赤青でそれぞれ5ページあり、4つの各時代から持ち帰るたびに異なるセリフを聞けます。

※だいたい同じことしか喋ってないので英語分からなくても何とかクリアは可能です

アクナー編(青いページ)

最初のページ

Sirrus? Is that you? … who are you? … see you … Achenar … to help me … to bring … blue pages to … forever and ever … blue pages… I must have the blue pages… Bring them to me, please.

シーラス?あんたなのか?…君は誰だ?…見えない…アクナーだ…助けてくれ…持ってきて…青いページ…永遠に…青いページを… 青いページが必要なんだ… 持ってきてくれ、頼む

2ページ目

Oh! You’ve returned … thought you wouldn’t return … blue pages to rescue me… I am Achenar … my brother … I beg you … may be complete … always blue pages … not listen him, do not listen to my brother … egotistical fool and a liar… Help me … bring me the blue pages. Ignore the red ones, don’t bring the red ones … earnestly implore you… I’ve been wrongfully imprisoned, you must believe me… I will have my retribution, please bring me the blue pages … blue pages, please.

ああ、戻ったのか…戻ってこないと思ってた…青いページで助けてくれ…私はアクナー…兄貴のやつが…お願いだ…完全になれるかもしれない…絶対に青いページを…あいつの言うことを聞いてはいけない、兄貴の言うことを聞いてはダメだ…自己中心的で愚かで嘘つきだ…助けてくれ…青いページを持ってきてくれ。赤いのは無視して、赤いのは持ってくるな……どうかお願いだ……私は無実なのに囚われたんだ、私を信じてくれ……私は報いを受ける、頼む青いページを持ってきてくれ……青いページを、お願いだ。

3ページ目

You are back! Good! … still more blue pages you’ve brought for me … bring more, I must have some more … that’s all I ask of you … long… been so long since my brother, Sirrus, wrongfully imprisoned me within this book. Stupid scheming … pretty speech has been … greed which is endless … should be perfectly obvious to you that … he has done evil and he has destroyed all but four… Do not bring the red pages to him. You must not let him trick you … he tricked our father … hideously murdered our father. He’ll trick you, he’ll murder you… Don’t touch the red pages … beg you to bring the blue pages! …en to me! Listen! You must obey me!… The blue pages are my only hope! You must help me, you must help me.

戻ったね!よかった。…まだ青いページを持ってきてくれ…もっと、もっと必要なんだ…それだけがお願いだ…長い間…兄のシーラスが不当に私をこの本の中に閉じ込めてから、とても長い時間が経った。愚かな策略……きれいごとを言っている……果てしない欲……あんたなら分かるはず……彼は悪事を働き、4つ以外のすべてを破壊した……彼に赤いページを持って行ってはいけない。彼に騙されてはいけない……彼は私たちの父を騙して……父を無残に殺した。彼はあなたを騙し、あなたを殺すだろう… 赤いページに触れるな… 頼むから青いページを持ってきてくれ! …聞け!青いページが唯一の希望なんだ!私を助けてれ、 助けてくれ

4ページ目

Ah, my friend … you for bringing the blue pages. I see … convinced that Sirrus is guilty. Pray, do not release him … he will destroy me, just as he… And I, the innocent bystander have been wrongfully tricked into imprisonment … confident you have observed his unbridled lust for riches … the four remaining worlds… the gruesome plot, it was almost perfect … final blow to father, he tricked him into believing that it was I who was the murderer. I did not murder father! Release me! Bring me the remaining blue pages! Please … is a liar … fool and a liar … not be freed or there will … bring the remaining blue page from the last age of Myst! I must be freed; you must free me … I can not bear it here for eternity … I beg you, please free me … bring the pages, the blue pages…

ああ、友よ……青いページを持ってきてくれてありがとう。分かった……シーラスは有罪だ。彼を解放してはいけない…彼は私を破滅させるだろう…そして、無実の傍観者である私は、不当に騙されて投獄されたんだ…あなたは確信してるだろう?彼は欲望に目がくらんだんだ…残された4つの世界…陰惨なプロット、それはほとんど完璧だった…父への最後の一撃、彼は父を騙して、私が殺人者であると信じさせた。私は父を殺していない!解放してくれ!残りの青いページを持ってこい!頼む……嘘つきだ……馬鹿で嘘つきだ……解放してくれないと……ミストの最後の時代の残りの青いページを持ってきてくれ! 私は解放されなければならないんだ、私を解放してくれ…私はもう耐えられない…お願いだ、私を解放してくれ…ページを持ってきてくれ、青いページを…。

5ページ目

Hello. I am Achenar. I am glad to see that you have returned to help me escape from my wrongful imprisonment. It was Sirrus who did this to me. Sirrus, my wicked brother. Do not listen to him! I warn you! I warn you again: he is a liar. Do not be persuaded by his evil lies. Do not release him. He killed my father! He will kill you.
It began when my brother, Sirrus, began to lust for riches. He stole from the Ages of Myst. He horded up riches for himself. While father… father slept away his watchfulness, my sick brother secretly pronounced himself king. King of the Ages of Myst, he said… He began to look upon me in disgust … his … lowly brother…
I hated him! And then Sirrus began to destroy the Ages of Myst. He burned their forests. He tore down their structures. He flooded their lands. He murdered their inhabitants. He completely destroyed all but four of the ages.
Of course, I had to warn my Father, but when I finally found him … there was Sirrus also, talking cleverly, with the lying tongue of a serpent…
He convinced Father that it was I who had destroyed the Ages… He convinced father that it was I who was greedy for wealth and plunder. And as Sirrus dealt the final blow, he tricked Father into believing that I was the murderer.
But Sirrus did not deal as fast a blow as he planned, and as Father died a slow death he at last doubted my brother’s clever lies. And so, in dying, father imprisoned us both, unsure from which of us the blow had come.

やあ。アクナーだ。不当に投獄されていた私を助けるために戻ってきてくれたこと感謝するよ。シーラスの仕業なんだ。シーラス…邪悪な兄よ。やつに耳を貸すな!警告だ!再度警告しておく。彼は嘘つきだ。嘘に惑わされるな。やつを解放するな。彼は私の父を殺した!あんたも殺されるぞ。
始まりは兄のシーラスが欲に目がくらんだことだった。ミストの時代から盗んだのだ。富を独り占めにしたのだ。父が…父が目を瞑っている間に…密かに支配者だと宣言した、ミストの時代の支配者だと… 彼は私を嫌悪して見始めた…自分の…卑しい弟を…
大嫌いだ!そして、シーラスはミストの時代を破壊し始めた。森を燃やし建物を破壊した。土地を水浸しにした。住民を虐殺した。4つの時代を除いて、完全に破壊してしまったのだ。
もちろん、父に警告しなければならなかったが、ついに父を見つけたとき……そこには、蛇のような嘘つきの舌を使って巧みに話すシーラスがいたんだ……。
彼は父に、時代を破壊したのは私だと信じ込ませ、富と略奪に貪欲なのは私だと信じ込ませた。そして最後の一撃を与え、私を殺人者に仕立てたんだ。
しかし、シーラスの計画は思い通りに進まず、父は死を迎える間際兄の巧妙な嘘を疑っていた。そして父は死の間際、私たち二人を投獄した。どちらからの一撃かわからないままに。

I swear to you, what I say is the truth. Release me. You must release me! My brother is a deceitful liar and deserves punishment. I only wish vengeance for my dear Father’s wrongful murder. Believe me.
You must only recover one additional page to release me from this prison. It is the easiest to find.
Go to the bookshelf that is in this library. On the far right side of the middle shelf, there is a burned book which is different from the other burnt books; this book is filled with patterns. Find pattern 158. Mimic its design on the panel in the fireplace. Doing this will bring you to the last blue page.
Remember, don’t take the red page. Take only the blue page and return it quickly to me.
And do not touch the green book! It is a clever trap to imprison those who have not been warned. (crazy laughter) Do not be tempted: for you will rot and die, imprisoned as I am.
I tell you, if you follow my instructions it will be well worth your while. I promise you that. Go. Go.

誓って、私の言うことは真実だ。解放してくれ。私を解放してくれ!兄は嘘つきで罰を受けるべきだ。私が望むのは親愛なる父の不当な殺人に対する報復だけなんだ。 信じてくれ。
この牢獄から私を解放するためには、あと1ページだけ復元する必要がある。それは一番簡単に見つけられる。
このライブラリーにある本棚に行け。真ん中の棚の右端に他の焼かれた本とは違う、パターンで埋め尽くされた本がある。パターン158を見つけろ。暖炉の中のパネルにそのデザインを真似するんだ。そうすると最後の青いページにたどり着く。
忘れてはいけないのは、赤いページを取ってはいけないということだ。青のページだけを取って、すぐに戻ってこい。
そして、緑の本には触れるな。これは警告を受けていない人を投獄するための巧妙な罠だ。誘惑に負けてるんじゃない。私のように投獄されて、腐って死んでしまうからな。
言っておくが、私の指示に従えばそれだけの価値がある。それを約束しよう。行け 行け

5ページ目を持ってきた後は以下のセリフを繰り返す

You’re wasting my time! And yours! Go to the last book, on the middle shelf; put pattern 158 into the fireplace! There’s no reason to waste time! Just get the blue page! Leave everything else there.

時間を無駄にしているぞ!おまえのもだ!真ん中の棚にある最後の本に行って、パターン158を暖炉に入れるんだ! 時間を無駄にする理由はない!青いページを手に入れろ!他のものはそこに置いておけ。

シーラス編(赤いページ)

1ページ目

Who are you… You must help me, please… Bring me the red page… I can’t… I can’t see you… hear me… I need a red page, you must bring me a red page… Please bring … beg of you, bring the page… Help me… I am Sirrus… Given up long ago… There is one thing I need to be rescued… You must…

おまえは誰だ・・・助けてくれ・・・赤いページを持ってきてくれ・・・見えない・・・お前が見えない・・・聞こえるか・・・赤いページが必要なんだ・・・持ってきてくれ・・・お願いだ・・・ページを持ってきてくれ・・・助けてくれ・・・私はシーラス・・・ずっと前に諦めていた・・・私を救うために必要なことがある・・・おまえが・・・。

2ページ目

You’ve returned… Thank you for bringing the red page… You must continue to help me… My name is Sirrus… Release me… I beg you to find the remaining red pages. You must release me… release me from this book which has become… Bring … red page… I need more red pages, please… I beg … don’t waste time looking … don’t … my brother … my brother is guilty … and I wrongfully imprisoned … bring the red page to me…

戻ってきてくれたんだな・・・赤いページを持ってきてくれてありがとう・・・これからも私を助けてくれ・・・私の名前はシーラスだ・・・私を解放してくれ・・・お願いだ、残りの赤いページを見つけてくれ・・・。私を解放してくれ…この本から解放してれ…赤いページを…頼む…もっと赤いページが必要なんだ…お願いだ…時間を無駄にするな…弟を…弟は有罪なんだ…私は不当に幽閉された…赤いページを持ってきてくれ…。

3ページ目

Ah, you have returned … additional … page … free from my prison on this forgotten Island of Myst… I see that you are… I am called Sirrus, for… I need all the red pages. I need… You must search … bring … two more of the red pages … I am released, I promise you … warn you, don’t touch the blue pages … that is where my … for my wicked brother, Achenar… He is a man of distorted mind and senses. He disgusts me… Do not release Achenar … thirst for destruction is not … never-ending … bring the red pages … I beg you … please release me from this prison. I promise you will be greatly rewarded … you must help me … beg you to help me.

戻ってきてくれたんだ…追加の…ページ…忘れ去られたミスト島の牢獄から解放されたんだ…君がそうなのか…私はシーラスと呼ばれている…全ての赤いページが必要なんだ。君は赤のページをあと2枚探して持ってくるんだ。そうすれば解放される、約束だ、、、警告する、青のページには触るなよ。そこには僕の… 邪悪な弟アクナーが… 彼は心も感覚も歪んでいる。彼にはうんざりだ…アクナーを解放するな…破壊への渇望は…終わりがない…赤いページを持ってきてくれ…お願いだ…この牢獄から私を解放してくれ。おまえには多大な報酬を約束しよう……私を助けてくれ……頼むから、助けてくれ。

4ページ目

With each page I can see you more clearly. Soon … free from this horrid prison; this book! You must visit the one remaining age … which you have not … confident that the … clear to you that my brother, Achenar, is demented. He is guilty … took advantage of the freedom our father had given us… Achenar began to … conquest… I ask you again … do not retrieve the blue pages … he will destroy both myself and you, just as he destroyed the other ages of Myst… never will escape… To release me you must simply bring the … red page… the story that I … your wisdom … you will see that I am innocent and he is guilty … this forgotten Island long ago … I will owe you my life, and you will be greatly rewarded.

ページごとに、おまえの姿がはっきりと見えてくるぞ。もうすぐ…この恐ろしい牢獄から解放される…この本だ!残りの一つの時代を訪問するんだ……まだ行っていない……自信がある…弟のアクナーは頭が狂っていることがはっきりしている。彼は罪を犯している…父から与えられた自由を利用して… アクナー は征服を始めた… もう一度頼む…青いページを取り戻すな…彼は私と君を破壊するだろう…ミストの他の時代を破壊したように… 私を解放するには…赤いページを持ってきれ…私が…おまえの知恵で…私が無実で彼が有罪であることを知るだろう…昔、この忘れられた島で…私はおまえに救われ、おまえは大きな報酬を得るだろう…。

5ページ目

Ah… You’ve finally returned. I owe you a debt of gratitude, for you have nearly released me. My name is Sirrus. I trust that, from your explorations, you’ve become convinced that my wicked brother, Achenar, is guilty and I am innocent. It is I who am wrongly imprisoned here; imprisoned by my father.
I don’t know who you are or how you came to this island, but I assume you must at least know something of the books. It was father who was a master of the books. He wrote hundreds of them, all describing and linking to the fantastic places and ages he had discovered. The room in which you now stand was our father’s library. It was here, in this room, on this island named Myst, that he housed most of these books.
But such a waste… By now you have surely already discovered that Achenar has burnt and mutilated most of these books. Why?
Our father was always watchful of our explorations. We grew up under his strict supervision. But when we came of age, he gave us unbridled access to the Myst books. He began to leave our adventures more and more unchecked. Unsupervised as we were, my brother began to become disturbed. He began to take more from the Myst Ages than he had given. Soon he gained a twisted pleasure from the conquest and destruction of the other ages. It was horrific—this thirst for the destruction. But alas, even I discovered his insanity too late. He had completely destroyed all the Myst ages but four.
I wasted no time in warning my father. I thought he would recognize Achenar’s guilt. But in a fit of rage he imprisoned both my brother and myself within the pages of these books, designed to hold us until he could judge which of us was guilty.

あぁ、やっと戻ってきてくれたか。私は感謝しなければな。おまえは私をほとんど解放してくれた。私の名はシーラス。君は確信しただろう?邪悪な弟アクナーが有罪で私が無実だと。誤ってここに投獄されたのは私の方だ。父によって投獄されたのだ。おまえが誰なのか、どうやってこの島に来たのかは知らないが、少なくとも本については何か知っているはずだ。父は本の主だった。彼は何百もの本を書き、それらはすべて彼が発見した幻想的な場所や時代について記述しリンクしているのだ。今おまえのいる部屋は父の書斎だった。ミストという名のこの島の、この部屋に、これらの本のほとんどを収めていたのだ。
しかし、これは無駄だった……アクナーがこれらの書物のほとんどを焼いたり、切り刻んだりしたことは、もうすでに分かったはずだ。なぜ?
父は私たちの冒険をいつも見守っていた。私たちは父の厳しい監視の下で育った。私たちが成人したとき、父は私たちが自由にMystの本を使えるようにした。父は私たちの冒険をどんどん野放しにしていった。彼はそんな私たちの様子を見て、心を乱し始めた。弟は自分が与えた以上のものをMystから奪い始めた。やがて弟は他の時代を征服し破壊することで、歪んだ喜びを得るようになった。この破壊への渇望は恐ろしいものだった。しかし残念なことに、私でさえ彼の狂気に気づくのが遅すぎた。彼は4つの時代を除いた全てのMystの時代を完全に破壊してしまった。私はすぐに父に警告した。父はアクナーの罪を認めるだろうと思ったからだ。だが怒りに駆られた父は、私と弟をこの本の中に幽閉した。どちらが罪を犯したかを判断するまで、私たちを拘束するために。

To discover the truth, our father embarked on one final journey. However, he has never returned. I can only assume that he perished along the way, leaving me, an innocent victim, entrapped forever… But now you are here to release me. Listen carefully. You must find one more page and I will be forever free.
There is a book on the shelves in this library which is mostly burnt but has a few pages still intact. It is the last book on the middle shelf. Find it.
This book is filled with a variety of patterns. Find pattern 158, and recreate it on the door of the fireplace. This will bring you to the last red page. Bring that page to me and I will finally be released, and able to reward you, of course.
Ignore the blue page. That page finishes my brother’s book. It chills me to even think what would happen if you were to release him…
There is another warning. Where the red and blue pages reside, also resides a green book. If you touch the green book you also will be imprisoned forever. Our father gave us this same warning long ago. I suggest you follow his advice.
Go now. Soon we will meet face to face.

真実を知るために、父は最後の旅に出た。しかし、彼は戻ってこなかった。私が思うに父は途中で死んでしまい、無実の犠牲者である私は永遠に囚われの身となったのではないかと…。 しかし、今、君が私を解放するためにここにいる。よく聞いてくれ。あと1ページ見つければ、私は永遠に自由になれるのだ。
このライブラリーの本棚には、ほとんど焼けてしまったがまだ数ページ残っている本がある。それは真ん中の棚のいちばん端の本だ。それを見つけるんだ。
この本には様々なパターンが描かれている。パターン158を見つけて、暖炉の扉で再現してみるんだ。そうすれば最後の赤いページにたどり着ける。そのページを私のところに持ってくれば、私はようやく解放され、おまえにもに報酬を与えられるだろう。
青いページは無視するんだ。そのページで弟の本は終わる。おまえが彼を解放したらどうなるか、考えるだけでゾッとする…。
もう一つ警告がある。赤と青のページがあるところには、緑の本もある。緑の本に触れたら……おまえも永遠に投獄されるぞ。昔、父から同じ警告を受けたのだ。彼の忠告には従ったほうがいい。
行け。じきに顔を合わせることになるだろう。

5ページ目を持ってきた後は以下のセリフを繰り返す

You don’t yet have the final page. You must not have understood my directions. Find pattern 158 in the last book on the middle shelf. Enter it into the fireplace and bring the red page to me. Hurry. And don’t touch the blue page, or the green book.

おまえはまだ最終ページを持っていないな。私の指示を理解していないのか。真ん中の棚にある最後の本でパターン158を見つけるんだ。それを暖炉の中に入れて、赤いページを私のところに持ってくるんだ。急いで。青いページにも緑の本にも触るんじゃない。

アトラス

Imager

キャサリンへの手紙を読んで、港の隠し部屋でマーカースイッチの数を入力すると出現。

Catherine, my love, I have to leave quickly. Something terrible has happened. It’s hard for me to believe. Most of my books have been destroyed. Catherine, it’s one of our sons. I suspect Achenar, but I–I shouldn’t leap to conclusions. I’ll find him and Sirrus as well. Ah, I should have known not to have left my library unchecked for so long! Well, I’ve removed the remaining undamaged books from the library and placed them in the places of protection. You shouldn’t have to use the books until I return, but…. If you’ve forgotten the access key, remember the tower rotation. And, don’t worry, Catherine, everything will be fine. I’ll see you shortly. Oh, and… and erase this message after you’ve viewed it, just to be safe.

キャサリン、私の愛しい人よ。私は急いで行かなければならない。何か恐ろしいことが起こったようだ。信じられないことが。私の本がほとんど壊されてしまった。キャサリン、息子の一人だ。アクナーが怪しいが早合点は禁物だ。彼とシーラスを探してみる。ああ長い間、図書館を放置しておくべきではなかった。さて、書庫に残っている傷んでいない本を取り出して安全な場所に置いたよ。私が戻ってくるまでは、本を使わなくてもいいはずだが、…. アクセスキーを忘れた場合は、タワーローテーションを思い出してくれ。心配しないでキャサリン、すべてがうまくいくから。すぐに会いに行くよ。それと…念のため、このメッセージを見た後は消去してくれ。

スポンサーリンク

エンディング

パターン1

暖炉から青いページを持ち帰るとアクナーを解放するパターンです。
バッドエンディングとなります。

Oh, yes! I’m free! Oh! I feel alive! And how do you feel, my friend? Oh! And what have we here? Perhaps the pages you worked so hard for? Whoops! Oh, yes! Oh! Perhaps you’re seeing the world from my point of view. Yes! Oh! Ooo! Sirrus… Where’s my brother? Oh, yes! Oh! Maybe someone will rescue you someday. Oh! Oh, yes! You lose!

あぁ、やった! 自由だ!生きているぞ!君はどうだ、友よ?ここには何があると思う?あなたが一生懸命取ってきたページかな?おっと!ああ そうだ 僕が見ていた視点で世界を見ているのかな?そうだよ、そうだ!シーラス!あいつはどこだ?おっと、そうだ、いつか誰かが君を救うだろう。君の負けだ!

パターン2

暖炉から赤いページを持ち帰るとシーラスを解放するパターンです。
バッドエンディングとなります。

Oh, yes! Yes. I’m free! Oh, thank you, my friend! My dear friend! You’ve done the right thing. You stupid fool! Hahahahahahaha! It looks like perhaps you’re in the book now. Hahahahahaha! And what have we here? A page. Hahahahahaha! Oh, no! Hahahahahaha! I hope you enjoy your new home as much as I enjoyed it. There. I can’t see you. You’re getting less clear. I hope you’re into books. Hahahahahahaha! Oh! Hahahahahahaha! The Library’s just the same as I left it. Oh, Achenar… Goodbye. Hahahaha!

ああ、やった!やったぞ。私は自由だ!ああ、ありがとう友よ!親愛なる友よ!おまえは正しいことをした。愚か者め!ハハハ!どうやら君は今、本の中にいるようだね。アハハハハ!ここには何があるんだ?ページだよ ハッハッハッハッハ!私が楽しんだように君も新しい家を楽しみたまえ。ほら、おまえが見えないぞ。見えなくなってきたな。本の中が好きだといいな、ハハハハハハ!ああ 、このライブラリーは私が去った時のままだ。おぉアクナー… さよならだ ハハハハ!

パターン3

白いページを持たずに緑の本へ入るパターンです。
アトラスの待つドニという世界へ行くのはパターン4と同じですが、こちらはMYSTへ戻れないバッドエンディングとなります。

緑の本を開いた時のアトラスの話

Who the devil are you? D–Don’t come here to D’ni—not yet. Oh, I have many questions for you, my friend, as you, no doubt, have for me. Where should I begin? Oh, perhaps my story is in order. My name is Atrus. I fear you have met my sons, Sirrus and Achenar, in the red and blue books, on Myst Island, in my library, my library…. Oh, it contains my works, my writings. Oh, I wrote many books, many books that linked me to fantastic places. It’s an Art I learned from my father many years ago. Oh, but the red and blue books, those were different. I wrote those books to entrap over-greedy explorers that might stumble upon my island of Myst. But I had no idea my own sons would be entrapped.

My sons, Sirrus and Achenar, we had many journeys together. I gave them free rein to the books. Perhaps it was not wise. I could see the greed growing in them. I had not told them about the red and blue books. Their imaginations went wild; they dreamed of riches and power! Of course, they did not know the books were traps. They begged for access to those books and I, of course, denied them. Oh, they devised a plan, an evil plan. I had no idea to what extent their greed had… had… progressed. Their own mother—they used their own mother—Oh, my dear Catherine!—to lure me here to D’ni. Of course, I could return to Myst, except they removed a single page from my Myst Linking Book. I cannot return without that page—you, my friend, can bring that page to me. Oh, I pray you believe my story above the lies that my sons have told you. If you would find it in yourself to return that page to me here in D’ni, I could go to Myst, and bring justice to my sons for what they have done. I must return to my writing. I pray that you believe me. Please hurry. Bring the page. Bring the page with you.

君はいったい誰なんだ?ドニにはまだ来ないでください。あなたにたくさん聞きたい事がある、友よ。どこから始めればいいか。まず私の話をしましょうか。私の名はアトラス。息子のシーラスとアクナーはミスト島の赤と青の本に入っている。私のライブラリーだ。….ああ、そこには私の作品、私の著作物が収められている。私は多くの本を書いた。私を幻想的な場所に結びつけた多くの本を。それは昔、父から学んだものだ。だが赤と青の本は違う。それらの本を書いたのは、私のMYSTの島を偶然発見するかもしれない強欲な探検家を陥れるためだ。しかし、まさか自分の息子が罠にかかるとは思わなかった。

息子たち、シーラスとアクナーと共に多くの旅をした。私は彼らに本を自由に読ませた。賢明ではなかったかもしれない。彼らの中に欲が芽生えているのが見えたからだ。赤と青の本のことは教えていなかった。彼らは想像力を膨らませ、富と権力を夢見ていた。もちろん、彼らはその本が罠であることを知らない。彼らはその本を手に入れたいと懇願したが、私はもちろんそれを拒否した。ああ、彼らは邪悪な計画を立てたのだ。彼らの欲がどこまで…進んでいるのか、私は知らなかった。彼らの母親……自分たちの母親……ああ、愛するキャサリンを利用して、私をここドニに誘い込んだのだ。もちろん、私はミストに戻ることができたが、彼らはミストの接続書から1ページを削除してしまった。そのページがなければ私は戻れない。私の息子たちが話した嘘よりも、私の話を信じてほしい。あなたがそのページをここドニに居る私に返してくれれば、私はMYSTに行って息子たちに正義の鉄槌を下すことができるのです。私は執筆に戻らなければなりません。私を信じてくれることを祈ります。急いでください。あのページを持ってきてください。

Have you found the missing page? Oh, come, come. Come on then.

Ah, my friend. You’ve returned. We meet face-to-face. And the page, did you bring the page? You didn’t bring the page. You didn’t bring the page. What kind of FOOL are you?! Ah! Did you not take my warning seriously? deep sigh Welcome to D’ni. You and I will live here… forever.

失われたページは見つかりましたか?ああ、来て。それじゃ、こちらへ。

ああ、我が友よ。戻ってきてくれたんだね。近づいて話そう。ページは持ってきたか?持ってこなかったのか?持ってこなかっただと。何て愚かなんだ!ああ!私の警告を無視したのか?ドニへようこそ。君と私はここに住むことになるでしょう…永遠に。

パターン4

最後は白いページを持って緑の本へ入るパターンです。

ドニへ行って白いページを渡せば、アトラスがMYSTへ行きある事をしたあとに戻ってきます。
(※どこで手に入れるかは記事の一番したの「おまけ 破れたメモ」の内容を参照)

これが真のエンディングとなります。

Ah, my friend. You’ve returned. And the page, did you bring the page? Ah, give it to me… Give me the page… Please, give the page… The page my friend, the page… You’ve done the right thing. I have a difficult choice to make. My sons have betrayed me. I know what I must do. I shall return shortly.

ああ、我が友よ。戻ってきてくれたんだね。ページを持ってきてくれたか?ああ、渡してくれ… ページを渡してくれ… 頼むよ、ページを… ページ… 友よ、ページを… 君は正しいことをしたんだ。私は難しい選択を迫られている。息子たちは私を裏切ったのだ。何をすべきかは分かっている。

Hmm, it is done. I have many questions for you, my friend, but my writing can not wait. I fear that my long delay may have already had a catastrophic impact on the world in which my wife, Catherine, is now being held hostage. Oh, a reward, I’m sorry, but all I have to offer you is the library on the island of Myst and the books that are contained there. Feel free to explore at your leisure. I hope you find your explorations satisfying. You will no longer have my sons to deal with. Oh, and one more thing. I am fighting a foe much greater than my sons could even imagine. At some point in the future, I may find it necessary to request your assistance. Until that point, I’m afraid you’ll enjoy the explorations from my library on Myst. Thank you. The book, you can use the Myst Linking Book to return to Myst.

よし、できた。あなたには聞きたい事が山ほどあるが、私は書くのを止めることができない。遅れることで、私の妻キャサリンが人質となっている世界に壊滅的な影響を与えているのではないかと心配している。すまないが、報酬といっても私が提供できるのは、ミスト島のライブラリーとそこに収められている本だけだ。自由に探索してくれ。あなたが満足するような探索をしてくれることを願っている。もう息子たち対処する必要はありません。それと、もう1つ。私は息子たちの想像をはるかに超える敵と戦っている。将来的には、あなたの助けを求める必要が出てくるかもしれません。それまでは、私のライブラリーにある MYSTでの探検を楽しんでください。ありがとうございます。この本、MYSTに戻るための接続書を使ってください。

スポンサーリンク

おまけ

オープニング

Opening

I realized, the moment I fell into the fissure, that the book would not be destroyed as I had planned. It continued falling into that starry expanse of which I had only a fleeting glimpse. I have tried to speculate where it might have landed, but I must admit, however— such conjecture is futile. Still, the question of whose hands might someday hold my Myst book are unsettling to me. I know that my apprehensions might never be allayed, and so I close, realizing that perhaps, the ending has not yet been written.

裂け目に落ちた瞬間、私は、本が計画通りに破壊されないことを悟った。本は一瞬だけ垣間見えたあの星の広がりの中に落ち続けた。どこかに落ちたのではないかと推測してみたが、そのような推測は無駄であることを認めざるを得ない。しかし、この本がいつか誰の手に渡るのではないかという疑問は、私を不安にさせる。そしてこの不安が解消されることはないだろう。なので、結末はまだ書かかないままで終えてしまうだろう。

手紙

キャサリンからアトラス

破れたメモ

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント