衛霊公第十五

【論語】衛霊公第十五11「顔淵、邦を為むることを問う」

衛霊公第十五
スポンサーリンク

「顏淵問爲邦」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

顔淵が国を治めることについて尋ねた。

孔子が言った「夏の暦を使い、殷の車に乗り、周の冠を用い、楽は舜帝の時代の韶の舞を舞う。

鄭の国の音楽は禁止し、こびへつらう者を遠ざける。

鄭の国の音楽は淫らであり、こびへつらう者は危険だからだ。」

【原文】顏淵問爲邦

原文です。

顏淵問爲邦、子曰、行夏之時、乘殷之輅、服周之冕、樂則韶舞、放鄭聲、遠佞人、鄭聲淫、佞人殆、

衛霊公第十五その11

【読み下し文】顔淵、邦を為むることを問う

読み下し文です。

読み下し文

顔淵がんえんくにおさむることをう。

いわく、ときおこない、いんり、しゅうべんふくし、

がくすなわしょうし、鄭声ていせいはなち、佞人ねいじんとおざく。

鄭声ていせいいんにして、佞人ねんじんあやうし。

スポンサーリンク

衛霊公第十五11【分類】

誰の言葉?

言った人 : 顔淵、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント