衛霊公第十五

【論語】衛霊公第十五35「民の仁に於けるや、水火よりも甚だし」

衛霊公第十五
スポンサーリンク

「民之於仁也、甚於水火」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が言った「人民にとって仁徳が必要であることは、火や水よりも甚だしい。
水や火に踏み込んで死んだ者は見たことがあるが、仁に踏み込んで死んだ人を見たことがない。」

【原文】民之於仁也、甚於水火

原文です。

子曰、民之於仁也、甚於水火、水火吾見蹈而死者矣、未見蹈仁而死者也、

衛霊公第十五その35

【読み下し文】民の仁に於けるや、水火よりも甚だし

読み下し文です。

読み下し文

子曰く、民の仁に於けるや、水火よりも甚だし。

水火は吾れ蹈みて死する者を見る。未だ仁を蹈みて死する者を見ざるなり

スポンサーリンク

衛霊公第十五35【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント