八佾第三

【論語】八佾第三24「儀の邦人見えんことを請う」

八佾第三
スポンサーリンク

「儀封人請見」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

儀の国境役人が孔子に会いたいと願って言った「君子がここに来た時に、お会いせずにいたことはかつてありません。」

従者が孔子を役人に引き合わせた。

役人は孔子と会話して、出てきてから言った「お弟子さんたち、どうして師が位を追われたことを悲しまれるのですか。天下に道が失われてから久しいです。天はまさに先生を木鐸のように、文化的指導者とするでしょう。」

【原文】儀封人請見

原文です。

儀封人請見、曰、君子之至於斯也、吾未嘗不得見也、從者見之、出曰、二三子、何患於喪乎、天下之無道也久矣、天將以夫子爲木鐸、

八佾第三その24

【読み下し文】儀の邦人見えんことを請う

読み下し文です。

読み下し文

封人ほうじんまみえんことをう。

いわく、くんここいたるや、われいまかつまみゆることをずんばあらざるなり。

じゅうしゃこれまみえしむ。でていわく、さんなんうしなうことをうれえんや。

てんみちきやひさし。てんまさふうもっ木鐸ぼくたくさんとす。

スポンサーリンク

八佾第三24【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント