述而第七

【論語】述而第七34「子の疾病す。子路、祷らんと請う」

述而第七
スポンサーリンク

「子疾病、子路請祷」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子の病気が重くなり、子路が祈祷をしたいと言った。

孔子が言った「そんな例があるか?」

子路が答えた「はい。いにしえの追悼には『君がため天地の神に祈りを捧げん』とあります。」

孔子が言った「私は普段から天地の神に祈りを捧げてきたよ。」

【原文】子疾病、子路請祷

原文です。

子疾病、子路請祷、子曰、有諸、子路對曰、有之、誄曰、祷爾于上下神祇、子曰、丘之祷久矣、

述而第七その34

【読み下し文】子の疾病す。子路、祷らんと請う

読み下し文です。

読み下し文

やまいへいす。子路しろいのらんとう。いわく、これりや。

子路しろこたえていわく、これり。るいいわく、なんじしょうしんいのる、と。

いわく、きゅういのることひさし。

スポンサーリンク

述而第七34【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。礼、ふるまい。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント