子罕第九

【論語】子罕第九32「未だ之を思わざるかな、何の遠きことか之有らん」

子罕第九
スポンサーリンク

「未之思也夫、何遠之有」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

「唐棣の華がゆらゆらと揺れている。あなたの事を思わぬことはないが、家の遠いことよ」という古い歌がある。

孔子が言った「それは、まだ本気で思っていないからだ。もし本気で思っていれば家の遠さなど何の問題にもならない。」

【原文】未之思也夫、何遠之有

原文です。

唐棣之華、偏其反而、豈不爾思、室是遠而、子曰、未之思也夫、何遠之有、

子罕第九その32

【読み下し文】未だ之を思わざるかな、何の遠きことか之有らん

読み下し文です。

読み下し文

唐棣とうていはなへんとしてはんせり。

なんじおもわざらんや。しつとおければなり。

いわく、いまこれおもわざるかな。なんとおきことかこれらん。

スポンサーリンク

子罕第九32【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。詩歌。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント