realMyst

【Steam版】realMyst:Masterpiece Edition|ライム時代の攻略

realMyst
スポンサーリンク

『realMyst:ME』極寒の地 Rime Age

こちらはライム時代の攻略記事です。

『realMyst:Masterpiece Edition』攻略記事への各リンクは以下を参照ください。

雪降りしきる漆黒世界

RIME時代は初回プレイ時(オリジナル版)にはなかったので全くの未体験ゾーンです。

ここを訪れるには他の4つの時代で全てのページを持ち帰るのが必須条件となります。

つまりここではページを持ち帰る必要はありません。

そしてMYSTへ帰るための接続書も探す必要がありません。※すぐに分かる場所にあります

とりあえず歩き回る

この世界はほぼ一本道です。

とりあえず観光しながらうろついたら、扉のある建物へ向かいます。

部屋に入る前に扉に向かって左側へ周り、バルブを回しておきましょう。

部屋の中にはストーブがあるので、ボタンをポチ。そうすることでしばらくすると、部屋の中にある扉が開くようになります。

スポンサーリンク

ライム時代の謎を解く

扉の奥にはエレベータ

だいたいどの時代へいってもエレベータがありますよね。

ライム時代もご多分に漏れず扉の奥へ進むとエレベータがあります。

初期状態でエレベータは上にしか行けないので、とりあえず昇りましょう。

昇った先にはこれまたお馴染みのレバー付装置があるので一通りいぢってみましょう。

キレイなオーロラを堪能することができます。

右のレバーを上下に回すことでお好みの色に変化させることもできますよ!

スイッチを見逃すな

エレベータで昇ったあと扉の左側にスイッチが現れます。

ここまで来た人なら見逃すことはないと思います。

そしてスイッチを見つけたら押すのももはや定型作業ですね。

クルンと向きが変わって別の部屋へ行けるようになりました。

新しい本があるのでとりあえず読んでおきましょう。

最後の仕掛けに挑戦

本のある部屋からエレベータに戻ったら、その状態で下ボタンを押しましょう。

ぐいーんとエレベータが下降し始めます。これもありがちな仕掛けですね。

降りた先には最後の仕掛けが待つ部屋があります。

とりあえず部屋を一通り見渡してみましょう。

誰からの手紙かは最後の署名を見れば分かりますね。

このクリスタルの並びと色を覚えておきましょう。

こちらが最後の仕掛けになります。手紙の内容をもとに揃えていけば、、、

スポンサーリンク

ライム時代からの帰り方

帰還用の接続書はココ

最初に入ったストーブのある部屋の真正面です。

ライムからはいつでも自由に帰れます。

MYST島へはこちらから。

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント