衛霊公第十五

【論語】衛霊公第十五33「知之に及ぶも、仁之を守る能はざれば」

衛霊公第十五
スポンサーリンク

「知及之、仁不能守之」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が言った「知恵が十分にあっても仁の心がなければ人民は離れていってしまう。
知恵が十分にあり、仁の心があっても威厳をもって接しなければ人民は尊敬しない。
知恵が十分にあり、仁の心もあって威厳をもって接したとしても、
礼をもって統治しなければまだ十分とは言えない。」

【原文】知及之、仁不能守之

原文です。

子曰、知及之、仁不能守之、雖得之、必失之、知及之、仁能守之、不莊以涖之、則民不敬、知及之、仁能守之、莊以涖之、動之不以禮、未善也、

衛霊公第十五その33

【読み下し文】知之に及ぶも、仁之を守る能はざれば

読み下し文です。

読み下し文

いわく、これおよぶも、じんこれまも能はざれば、これいえども、かならこれうしなう。

これおよび、じんこれまもるも、そうもっこれのぞまざれば、すなわたみけいせず。

これおよび、じんこれまもり、そうもっこれのぞむも、

これうごかすにれいもってせざれば、いまからざるなり。

スポンサーリンク

衛霊公第十五33【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント