八佾第三

【論語】八佾第三19「君、臣を使い、臣、君に事うるには」

八佾第三
スポンサーリンク

「君使臣、臣事君、如之何」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちや定公が尋ねた「君が臣下を使い、臣下が君に仕えるには、どうしたらいいだろうか?」

孔子が言った「君は礼をもって臣下を使い、臣下は忠をもってが君に仕えることです。」

【原文】君使臣、臣事君、如之何

原文です。

定公問、君使臣、臣事君、如之何、孔子對曰、君使臣以禮、臣事君以忠、

八佾第三その19

【読み下し文】君、臣を使い、臣、君に事うるには、之を如何せん

読み下し文です。

読み下し文

定公ていこうう、きみしん使つかい、しんきみつかうるには、これ如何いかんせん。

こうこたえていわく、きみしん使つかうにれいもってし、しんきみつかうるにちゅうもってす。

スポンサーリンク

八佾第三19【分類】

誰の言葉?

言った人 : 定公、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント