述而第七

【論語】述而第七13「子、斉に在して韶を聞く」

述而第七
スポンサーリンク

「子在斉、聞韶楽三月」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が斉に滞在中、韶の音楽を聞いた。

三ヶ月間、肉の味が解らない程感動した。

孔子が言った「音楽がこれほどまで素晴らしいとは想像もしなかった」

【原文】子在斉、聞韶楽三月

原文です。

子在斉、聞韶楽三月、不知肉味、曰、不図為楽之至於斯也、

述而第七その13

【読み下し文】子、斉に在りて韶を聞く

読み下し文です。

読み下し文

せいりてしょうく。三月さんげつにくあじらず。

いわく、はからざりき、がくつくることのここいたらんとは。

スポンサーリンク

述而第七13【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント