述而第七

【論語】述而第七16「五十にして以て易を学ばば、以て大過無かるべし」

述而第七
スポンサーリンク

「五十以學易、可以無大過矣」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされている者は、かえって徳孔子が言った「もう少し年を重ね、五十歳になっても易を学ぶことができたら、大きな過ちなどしなくなるだろう。」

【原文】五十以學易、可以無大過矣

原文です。

子曰、加我數年、五十以學易、可以無大過矣、

述而第七その16

【読み下し文】五十にして以て易を学ばば、以て大過無かるべし

読み下し文です。

読み下し文

いわく、われ数年すうねんくわえ、じゅうにしてもっえきまなばば、もったいかるべし。

スポンサーリンク

述而第七16【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント