述而第七

【論語】述而第七26「子、釣りして綱せず。弋して宿を射ず」

述而第七
スポンサーリンク

「子釣而不綱、弋不射宿」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子先生は釣りはされたが、綱はつかわれなかった。
鳥を射ることはあったが、ねぐらの鳥を射たれることはなかった。

【原文】子釣而不綱、弋不射宿

原文です。

子釣而不綱、弋不射宿、

述而第七その26

【読み下し文】子、釣りして綱せず。弋して宿を射ず

読み下し文です。

読み下し文

りしてこうせず。よくして宿しゅくず。

スポンサーリンク

述而第七26【分類】

誰の言葉?

言った人 : 不明

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント