郷党第十

【論語】郷党第十14「食を賜えば、必ず席を正して先ず之を嘗む」

郷党第十
スポンサーリンク

「君賜食、必正席、先嘗之」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされている者は、かえって徳を破壊する者であるこ君から食物を賜った時は、必ず席を正しくしてこれを食べる。

君から生肉を賜った時は、必ず煮てからこれを先祖の霊に薦める。

君から生き物を賜った時は、必ずこれを養育する。

【原文】君賜食、必正席、先嘗之

原文です。

君賜食、必正席、先嘗之、君賜腥、必熟而薦之、君賜生、必畜之、

郷党第十その14

【読み下し文】君、食を賜えば、必ず席を正して先ず之を嘗む

読み下し文です。

読み下し文

きみしょくたまえば、かならせきただしてこれむ。

きみせいたまえば、かならじゅくしてこれすすむ。

きみせいたまえば、かならこれう。

スポンサーリンク

郷党第十14【分類】

誰の言葉?

言った人 : 不明

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 礼、ふるまい。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント