子張第十九

【論語】子張第十九10「君子は信ぜられて而る後に其の民を労す」

子張第十九
スポンサーリンク

「君子信而後勞其民」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

子夏が言った「人格者は信頼を得てから人々を使役する。

信頼を得なければ人々は苦しめさせられると思うだろう。

主君を諌める前に主君からの信頼を得る。

信頼を得なければ主君は侮辱されると思うだろう。」

【原文】君子信而後勞其民

原文です。

子夏曰、君子信而後勞其民、未信則以爲厲己也、信而後諫、未信、則以爲謗己也、

子張第十九その10

【読み下し文】君子は信ぜられて而る後に其の民を労す

読み下し文です。

読み下し文

子夏しかいわく、くんしんぜられてしかのちたみろうす。

いましんぜられざれば、すなわもっおのれなやますとすなり。

しんぜられてしかのちいさむ。

いましんぜられざれば、すなわもっおのれそしるとすなり。

スポンサーリンク

子張第十九10【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子夏

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント