子罕第九

【論語】子罕第九21「子、顔淵を謂いて曰く、惜しいかな」

子罕第九
スポンサーリンク

「子謂顔淵曰、惜乎」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃっ孔子が顔淵について言った「惜しいなあ。私は彼が日々精進するのは見たが、立ち止まるのを見たことがなかった。」

【原文】子謂顔淵曰、惜乎

原文です。

子謂顔淵曰、惜乎、吾見其進也、未見其止也、

子罕第九その21

【読み下し文】子、顔淵を謂いて曰く、惜しいかな

読み下し文です。

読み下し文

顔淵がんえんいていわく、しいかな。

われすすむをたるも、いまとどまるをざりき。

スポンサーリンク

子罕第九21【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント