泰伯第八

【論語】泰伯第八13「篤く信じて学を好み、死を守りて道を善くす」

泰伯第八
スポンサーリンク

「篤信好學、守死善道」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生が言った「篤く信じて学問し、命がけで善い道を守る。

危ない国には入らず、乱れた国には留まらない。

天下に道があれば任官して活動し、道がなければ隠れている。

国に道があるのに貧しくて地位が低いのは恥だし、

国に道が無いのに裕福で地位が高いのは恥だ。」

【原文】篤信好學、守死善道

原文です。

子曰、篤信好學、守死善道、危邦不入、亂邦不居、天下有道則見、無道則隱、邦有道、貧且賤焉、恥也、邦無道、富且貴焉、恥也、

泰伯第八その13

【読み下し文】篤く信じて学を好み、死を守りて道を善くす

読み下し文です。

読み下し文

いわく、あつしんじてがくこのみ、まもりてみちくす。

ほうにはらず、乱邦らんぼうにはらず。

てんみちればすなわあらわれ、みちければすなわかくる。

くにみちるに、まずしくいやしきははじなり。

くにみちきに、たっときははじなり。

スポンサーリンク

泰伯第八13【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント