雍也第六

【論語】雍也第六26「君子は逝かしむべきなり、陥るべからざるなり」

雍也第六
スポンサーリンク

「君子可逝也、不可陥也」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

宰我が尋ねた「井戸に人が落ちていると言えば、仁者はこれに従うのですか?」

孔子が言った「何故そんなことになろう。
井戸まで行かせることはできても、落とし入れることはできない。
道理によって君子を欺くことはできても、君子を騙すことはできない。」

【原文】君子可逝也、不可陥也、

原文です。

宰我問曰、仁者雖告之曰、井有仁者焉、其從之也、子曰、何爲其然也、君子可逝也、不可陥也、可欺也、不可罔也、

雍也第六その26

【読み下し文】君子は逝かしむべきなり、陥るべからざるなり

読み下し文です。

読み下し文

さいいていわく、

仁者じんしゃこれげてせいじんりとうといえども、これしたがわん。

いわく、なんれぞしからんや。くんかしむべきなり。

おとしいるべからざるなり。あざむくべきなり。うべからざるなり。

スポンサーリンク

雍也第六26【分類】

誰の言葉?

言った人 : 宰我、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。君子論。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント