微子第十八

【論語】微子第十八10「君子は其の親を施てず」

微子第十八
スポンサーリンク

「君子不施其親」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

周公が息子の魯公に言った「君子は親族の事を忘れてはならない。

大臣を上手く用い恨まれないようになさい。

古い友人は余程の事が無い限り見捨ててはならない。

人々に対して完全を求めてはならない。」

【原文】君子不施其親

原文です。

周公謂魯公曰、君子不施其親、不使大臣怨乎不以、故舊無大故、則不棄也、無求備於一人、

微子第十八その10

【読み下し文】君子は其の親を施てず

読み下し文です。

読み下し文

しゅうこうこういていわく、くんしんてず。

大臣たいじんをしてもちいられざるをうらましめず。

きゅうたいければ、すなわてざるなり。

そなわるを一人いちにんもとむることかれ。

スポンサーリンク

微子第十八10【分類】

誰の言葉?

言った人 : 周公

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント