顔淵第十二

【論語】顔淵第十二14「子張、政を問う」

顔淵第十二
スポンサーリンク

「子張問政」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされている者は、かえって徳を破壊する者であるこ子張が政治についてたずねた。

孔子が言った「職務に専念して、真心をこめてやりさえすればそれでよい。」

【原文】子張問政

原文です。

子張問政、子曰、居之無倦、行之以忠、

顔淵第十二その14

【読み下し文】子張、政を問う

読み下し文です。

読み下し文

ちょうまつりごとう。いわく、これりてむことく、これおこなうにちゅうもってす。

スポンサーリンク

顔淵第十二14【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子張、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 礼、ふるまい。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント