顔淵第十二

【論語】顔淵第十二21「樊遅従いて舞雩の下に遊ぶ」

顔淵第十二
スポンサーリンク

「樊遅從遊於舞雩之下」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃ樊遅が孔子に従い、雨乞いの舞台のもとで遊んでいた時に尋ねた「徳を高め、邪心を払って惑いを取り除くにはどうすればよいですか?」

孔子が言った「良い質問だ。行動を先にして利益を後回しにすれば徳を高められる。
自らの行いを反省して他人のあら探しをしなければ邪心を払える。
一時の怒りにその身を忘れて家族を巻き込まなければ惑いを取り除ける。」

【原文】樊遅從遊於舞雩之下

原文です。

樊遅從遊於舞雩之下、曰、敢問崇徳、脩慝、辨惑、子曰、善哉問、先事後得、非崇徳與、攻其惡、無攻人之惡、非脩慝與、一朝之忿、忘其身以及其親、非惑與、

顔淵第十二その21

【読み下し文】樊遅従いて舞雩の下に遊ぶ

読み下し文です。

読み下し文

はんしたがいて舞雩ぶうもとあそぶ。

いわく、えてとくたっとび、とくおさめ、まどいをべんずるをう。

いわく、いかないや。ことさきにしてるをのちにす。

とくたっとぶにあらずや。あくめ、ひとあくめず。

とくおさむるにあらずや。いっちょう忿いかりにわすれ、もっしんおよぶ。まどいにあらずや。

スポンサーリンク

顔淵第十二21【分類】

誰の言葉?

言った人 : 樊遅、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント