八佾第三

【論語】八佾第三11「或ひと禘の説を問う」

八佾第三
スポンサーリンク

「或問禘之説」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

ある人が禘の祭礼について尋ねた。

孔子が言った「私は知らない。もしそれを知るほどの人物なら天下のこともここを観るようなものだろう。」

と自分の手のひらを指さした。

【原文】或問禘之説

原文です。

或問禘之説。子曰。不知也。知其説者之於天下也。其如示諸斯乎。指其掌、

八佾第三その11

【読み下し文】或ひと禘の説を問う

読み下し文です。

読み下し文

あるひとていせつう。いわく、らざるなり。

せつものてんけるや、

これここしめすがごときか、と。たなごころせり。

スポンサーリンク

八佾第三11【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント