八佾第三

【論語】八佾第三12「祭ること在すが如くす」

八佾第三
スポンサーリンク

「祭如在、祭神如神在」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先祖を祭る時は目の前におられるように行い、

先祖以外の神を祭る時は、目の前にその神がおられるように行う。

孔子が言った「私はみずから祭を行なわないと、祭ったという気がしない。」

【原文】祭如在、祭神如神在

原文です。

祭如在、祭神如神在、子曰、吾不與、祭如不祭、

八佾第三その12

【読み下し文】祭ること在すが如くす

読み下し文です。

読み下し文

まつることいますがごとくす。かみまつるにはかみいますがごとくす。

いわく、われまつりにあずからざれば、まつらざるがごとし。

スポンサーリンク

八佾第三12【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 礼、しきたり。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント