八佾第三

【論語】八佾第三13「其の奥に媚びんよりは」

八佾第三
スポンサーリンク

「與其媚於奧」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

王孫賈が尋ねた「奥の神様に祈るより、竈の神に祈る方が良いとはどういう意味か」

孔子が言った「それは間違いです。天に罪を犯せばどの神に祈っても無駄となります」

【原文】與其媚於奧

原文です。

王孫賈問曰、與其媚於奧、寧媚於竈、何謂也、子曰、不然、獲罪於天、無所祷也、

八佾第三その13

【読み下し文】其の奥に媚びんよりは

読み下し文です。

読み下し文

おうそんいていわく、

おうびんよりは、むしそうびよ、とはなんいいぞや。

いわく、しからず、つみてんれば、いのところきなり。

スポンサーリンク

八佾第三13【分類】

誰の言葉?

言った人 : 王孫賈、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント