八佾第三

【論語】八佾第三17「子貢、告朔の餼羊を去らんと欲す」

八佾第三
スポンサーリンク

「子貢欲去告朔之餼羊」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされている者子貢が告朔の礼に餼を供えるのは無駄だとして、これを廃止することを希望した。

孔子が言った「賜よ、おまえは羊が惜しいだろうが、私は礼が失われる方が惜しい。」

【原文】子貢欲去告朔之餼羊

原文です。

子貢欲去告朔之餼羊、子曰、賜也、爾愛其羊、我愛其禮、

八佾第三その17

【読み下し文】子貢、告朔の餼羊を去らんと欲す

読み下し文です。

読み下し文

こう告朔こくさくようらんとほっす。

いわく、や、なんじひつじおしむ、われれいおしむ。

スポンサーリンク

八佾第三17【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子貢、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 礼、ふるまい。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント