述而第七

【論語】述而第七14「冉有曰く、夫子は衛の君を為けんか」

述而第七
スポンサーリンク

「冉有曰、夫子爲衞君乎」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

冉有が言った「先生は衛の君を助けるだろうか」

子貢がいった「よろしい。私がおたずねしてみよう」

子貢が孔子の部屋に入ってたずねた「伯夷・淑斉はどのような人物ですか」

孔子が言った「古代の賢人だ」

子貢「二人は自分たちの行いを悔いたのでしょうか」

孔子「仁を求めて仁を行なうことができたのだから、悔やむことがあろうか」

子貢は孔子の部屋からさがり冉有にいった「先生は衛の君をお助けにはならない」

【原文】冉有曰、夫子爲衞君乎

原文です。

冉有曰、夫子爲衞君乎、子貢曰、諾、吾將問之、入曰、伯夷叔齊、何人也、曰、古之賢人也、曰、怨乎、曰、求仁而得仁、又何怨、出曰、夫子不爲也、

述而第七その14

【読み下し文】冉有曰く、夫子は衛の君を為けんか

読み下し文です。

読み下し文

冉有ぜんゆういわく、ふうえいきみたすけんか。

こういわく、だくわれまさこれわんとす、と。

りていわく、はくしゅくせい何人なんぴとぞや。

いわく、いにしえ賢人けんじんなり。いわく、うらみたるか。

いわく、じんもとめてじんたり。またなにをかうらみん。

でていわく、ふうたすけざるなり。

スポンサーリンク

述而第七14【分類】

誰の言葉?

言った人 : 冉有、子貢、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 人物評。教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント