述而第七

【論語】述而第七33「聖と仁との若きは、則ち吾豈に敢えてせんや」

述而第七
スポンサーリンク

「若聖與仁、則吾豈敢」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が言った「聖や仁の様なことは私にはとても出来ない。
その道を追い求めて飽きることなく、人々に教えることだけだ。」

公西華が言った「それこそまさに我ら弟子たちにはとても真似できぬことです。」

【原文】若聖與仁、則吾豈敢

原文です。

子曰、若聖與仁、則吾豈敢、抑爲之不厭、誨人不倦、則可謂云爾已矣、公西華曰、正唯、弟子不能學也、

述而第七その33

【読み下し文】聖と仁との若きは、則ち吾豈に敢えてせんや

読み下し文です。

読み下し文

いわく、せいじんとのごときは、すなわわれえてせんや。

そもそこれまなびていとわず、ひとおしえてまざるは、すなわ云爾しかいううべきのみ。

公西こうせいいわく、まさていまなあたわざるなり。

スポンサーリンク

述而第七33【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子、公西華

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。君子論。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント