憲問第十四

【論語】憲問第十四36「直きを以て怨みに報い、徳を以て徳に報ゆ」

憲問第十四
スポンサーリンク

「以直報怨、以徳報徳」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

ある人が尋ねた「怨みに対して徳をもって報いるのはいかがでしょう?」

孔子が言った「では、受けた徳には何をもって報いますか?
怨みに対しては誠実さで報い、徳に対しては徳で報いるのがよい。」

【原文】以直報怨、以徳報徳

原文です。

或曰、以徳報怨、何如、子曰、何以報徳、以直報怨、以徳報徳、

憲問第十四その36

【読み下し文】直きを以て怨みに報い、徳を以て徳に報ゆ

読み下し文です。

読み下し文

あるひといわく、とくもっうらみにむくゆる。何如いかん

いわく、なにもっとくむくいん。なおきをもっうらみにむくい、とくもっとくむくいん。

スポンサーリンク

憲問第十四36【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント