憲問第十四

【論語】憲問第十四41「子、磬を衛に撃つ」

憲問第十四
スポンサーリンク

「子撃磬於衞」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

衛で孔子が磬を鳴らしていた。

もっこを担いだ人が家の前を通りがかって言った「心がこもっていますね。」

しばらく聞いた後で言った「つまらない音色だ。音が固くなりすぎている。己を知る者がなければ止めればよい。詩でもこう言うでしょう『深い川では衣を脱いで渡り、浅い川では裾をまくり渡る』と。」

孔子が言った「思い切りの善い考え方ですね。でも難しい事じゃない。」

【原文】子撃磬於衞

原文です。

子撃磬於衞、有荷蕢而過孔氏之門者、曰、有心哉撃磬乎、既而曰、鄙哉、硜硜乎、莫己知也、斯已而已矣、深則厲、淺則掲、子曰、果哉、末之難矣、

憲問第十四その41

【読み下し文】子、磬を衛に撃つ

読み下し文です。

読み下し文

けいえいつ。にないてこうもんぐるものり。

いわく、こころるかなけいつやと。

すでにしていわく、なるかな。硜硜こうこうたり。

おのれくんば、まんのみ。

ふかければすなわれいし、あさければすなわけいすと。

いわく、なるかな。これかたしとするし。

スポンサーリンク

憲問第十四41【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子路

お役立ち度

お役立ち度 : 2 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。詩歌。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント