公冶長第五

【論語】公冶長第五14「子路、聞くこと有りて」

公冶長第五
スポンサーリンク

「子路有聞」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされている者は、かえって徳を破壊する者であるこ子路は、善い行いを聞き、それを実践することができない間は、さらに新しい善言を聞くことを恐れた。

【原文】子路有聞

原文です。

子路有聞、未之能行、唯恐有聞、

公冶長第五その14

【読み下し文】子路、聞くこと有りて

読み下し文です。

読み下し文

子路しろくことりて、いまこれおこなうことあたわずんば、くことるをおそる。

スポンサーリンク

公冶長第五14【分類】

誰の言葉?

言った人 : 不明

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント