先進第十一

【論語】先進第十一25「子路、子羔をして費の宰たらしむ」

先進第十一
スポンサーリンク

「子路使子羔爲費宰」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

子路が子羔を費の長官にした。

孔子が言った「未熟で学び足りない彼ではまだ早すぎる。彼を駄目にするよ。」

子路が言った「街には人民が住んでおり、土地の神もあります。何も本を読むばかりが学ぶ道ではないでしょう。」

孔子「これだから口先の上手い輩は嫌いだ。」

【原文】子路使子羔爲費宰

原文です。

子路使子羔爲費宰、子曰、賊夫人之子、子路曰、有民人焉、有社稷焉、何必讀書、然後爲學、子曰、是故惡夫佞者、

先進第十一その25

【読み下し文】子路、子羔をして費の宰たらしむ

読み下し文です。

読み下し文

子路しろこうをしてさいらしむ。

いわく、ひとそこなわん。

子路しろいわく、民人みんじんり、しゃしょくり。

なんかならずしもしょみて、しかのちがくさん。

いわく、ゆえ佞者ねいしゃにくむ。

スポンサーリンク

先進第十一25【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子路、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 2 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント