子張第十九

【論語】子張第十九12「洒掃応対進退に当たりては」

子張第十九
スポンサーリンク

「當洒掃應對進退」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

子游がいった「子夏の門下の青年たちは、掃除や、応対や、いろんな作法などはなかなかうまくやっている。しかし、そんなことはそもそも末だ。根本になることは何も教えられていないようだが、いったいどうしたというのだろう」

子夏がそれをきいていった「ああ、言游もとんでもないまちがったことをいったものだ。君子が人を導くには、何が重要だから先に教えるとか、何が重要でないから当分ほっておくとか、一律にきめてかかるべきではない。たとえば草木を育てるようなもので、その種類に応じて、取りあつかいがちがっていなければならないのだ。君子が人を導くのに、無理があっていいものだろうか。道の本末がすべて身についているのは、ただ聖人だけで、一般の人々には、その末になることさえまだ身についていないのだから、むしろそういうことから手をつけるのが順序ではあるまいか」

【原文】當洒掃應對進退

原文です。

子游曰、子夏之門人小子、當洒掃應對進退、則可矣、抑末也、本之則無、如之何、子夏聞之曰、噫、言游過矣、君子之道、孰先傳焉、孰後倦焉、譬諸草木、區以別矣、君子之道、焉可誣也、有始有卒者、其唯聖人乎、

子張第十九その12

【読み下し文】洒掃応対進退に当たりては

読み下し文です。

読み下し文

ゆういわく、子夏しか門人もんじんしょうは、洒掃さいそう応対おうたい進退しんたいあたりては、

すなわなり。そもそすえなり。これもとづくるはすなわし。これ如何いかん

子夏しかこれきていわく、ああ言游げんゆうあやまてり。

くんみちは、いずれをかさきにしてつたえ、いずれをかのちまん。

これ草木そうもくにしてもっべつあるにたとう。

くんみちは、いずくんぞうべけんや。

はじおわものは、聖人せいじんか。

スポンサーリンク

子張第十九12【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子游、子夏

お役立ち度

お役立ち度 : 3.5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント