子張第十九

【論語】子張第十九19「孟氏、陽膚をして士師たらしむ」

子張第十九
スポンサーリンク

「孟氏使陽膚爲士師」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手孟氏が陽膚を司法官に任命した際、陽膚は曾子に尋ねた。

曾子が言った「上に立つ者が道を失ったため、民の心が離れてしまってから久しい。もし犯罪の実情をつかんだ時は同情して憐れむことだ。自分の手柄と喜んではならない。」

【原文】孟氏使陽膚爲士師

原文です。

孟氏使陽膚爲士師、問於曾子、曾子曰、上失其道、民散久矣、如得其情、則哀矜而勿喜、

子張第十九その19

【読み下し文】孟氏、陽膚をして士師たらしむ

読み下し文です。

読み下し文

もうようをして士師ししらしむ。そうう。

そういわく、かみみちうしない、たみさんずることひさし。

じょうば、すなわあいきょうしてよろこぶことなかれ。

スポンサーリンク

子張第十九19【分類】

誰の言葉?

言った人 : 陽膚、曾子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント