子罕第九

【論語】子罕第九28「忮わず求めず、何を用てか臧かざらん」

子罕第九
スポンサーリンク

「不忮不求、何用不臧」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

『人を害せず、他人に求めない。それで善くないことがおきようか。』
子路はこの詩経の詩を生涯口ずさんでいた。

孔子が言った「それだけでは十分ではない。善くないことが起きないのではなく、積極的に善くあろうとすべきだ。」

【原文】不忮不求、何用不臧

原文です。

不忮不求、何用不臧、子路終身誦之、子曰、是道也、何足以臧、

子罕第九その28

【読み下し文】忮わず求めず、何を用てか臧かざらん

読み下し文です。

読み下し文

そこなわずもとめず、なにもってかからざらん。

子路しろしゅうしんこれしょうす。いわく、みちや、なんもっしとするにらん。

スポンサーリンク

子罕第九28【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント