子路第十三

【論語】子路第十三14「冉子、朝より退く」

子路第十三
スポンサーリンク

「冉子退朝」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされている者は、かえって徳を破壊する者であるこ冉子が朝廷から戻った。

孔子が言った「随分遅かったな。」

冉子が答えた「国務上の問題があったのです。」

孔子「国務ではなく季孫氏の私事だろう。国務上の問題であれば私に何らかの相談があるはずだ」

【原文】冉子退朝

原文です。

冉子退朝、子曰、何晏也、對曰、有政、子曰、其事也、如有政、雖不吾以、吾其與聞之、

子路第十三その14

【読み下し文】冉子、朝より退く

読み下し文です。

読み下し文

ぜんちょうより退しりぞく。

いわく、なんおそきや。こたえていわく、まつりごとり。

いわく、ことならん。

まつりごとらば、われもちいずといえども、われこれあずかかん。

スポンサーリンク

子路第十三14【分類】

誰の言葉?

言った人 : 冉子、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 礼、ふるまい。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント