子路第十三

【論語】子路第十三28「何如なるを斯れ之を士と謂うべきか」

子路第十三
スポンサーリンク

「何如斯可謂之士矣」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

子路が尋ねた「どういう人物を士といいますか?」

孔子が言った「誠意をつくして励まし、和やかに支援する。こういう者は士といえる。友人には誠意をつくして、つとめ励まし、兄弟にはにこやかに和らぐことだ。」

【原文】何如斯可謂之士矣

原文です。

子路問曰、何如斯可謂之士矣、子曰、切切偲偲、怡怡如也、可謂士矣、朋友切切偲偲、兄弟怡怡、

子路第十三その28

【読み下し文】何如なるを斯れ之を士と謂うべきか

読み下し文です。

読み下し文

子路しろいていわく、何如いかなるをこれうべきか。

いわく、切切せつせつ偲偲しし怡怡いいじょたるを、うべし。

朋友ほうゆうには切切せつせつ偲偲しし兄弟けいていには怡怡いい

スポンサーリンク

子路第十三28【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子路、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント