陽貨第十七

【論語】陽貨第十七18「紫の朱を奪うを悪む」

陽貨第十七
スポンサーリンク

「惡紫之奪朱也」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちや孔子が言った「私は紫が朱を圧して流行しているのを憎む。
鄭声が雅楽を乱しているのを憎む。
口上手な人が国家を危くしているのを最も憎む」

【原文】惡紫之奪朱也

原文です。

子曰、惡紫之奪朱也、惡鄭聲之亂雅樂也、惡利口之覆邦家者、

陽貨第十七その18

【読み下し文】紫の朱を奪うを悪む

読み下し文です。

読み下し文

いわく、むらさきしゅうばうをにくむ。

鄭声ていせいがくみだるをにくむ。

こうほうくつがものにくむ。

スポンサーリンク

陽貨第十七18【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント