陽貨第十七

【論語】陽貨第十七21「三年の喪は期已に久し」

陽貨第十七
スポンサーリンク

「三年之喪、期已久矣」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生宰我が尋ねた「三年の喪は長すぎませんか?一年で十分だと考えます。
君子が三年も礼を行わければ礼が廃れます。三年も楽から遠ざかれば楽が廃れます。
一年で古米はなくなり新米が実ります。火起こしに使う摺木も一年で取替えます。
一年で十分ではないでしょうか?」

孔子が言った「たった一年でおいしく御飯を食べ、立派な服を着てそれでなんとも思わないのか?」

宰我「なんとも思いません」

孔子「それなら好きにするとよい。喪中の君子は御飯を食べてもおいしくなく、楽を聴いても楽しくない。家にいても気持ちが安らげない。だからそうしないのだ。なんとも思わないのであれば好きなようにするとよい。」

宰我が部屋を出た後で孔子が言った「彼に仁の心はない。生まれて来た子供は三年間は両親の腕の中で育つ。だから三年の喪が習慣として定着している。彼もまた両親の腕の中で愛情を受けたであろうに。」

【原文】三年之喪、期已久矣

原文です。

宰我問、三年之喪、期已久矣、君子三年不爲禮、禮必壊、三年不爲樂、樂必崩、舊穀既沒、新穀既升、鑚燧改火、期可已矣、子曰、食夫稻、衣夫錦、於女安乎、曰、安、女安則爲之、夫君子之居喪、食旨不甘、聞樂不樂、居處不安、故不爲也、今女安、則爲之、宰我出、子曰、予之不仁也、子生三年、然後免於父母之懷、夫三年之喪、天下之通喪也、予也有三年之愛於其父母乎、

陽貨第十七その21

【読み下し文】三年の喪は期已に久し

読み下し文です。

読み下し文

さいう。三年さんねんは、すでひさし。

くん三年さんねんれいさざれば、れいかならやぶれん。

三年さんねんがくさざれば、がくかならくずれん。

旧穀きゅうこくすできて、新穀しんこくすでみのる。

すいりてあらたむ。にしてむべし。

いわく、いねくらい、にしきる、なんじいてやすきか。

いわく、やすし。なんじやすくばすなわこれせ。

くんるや、うまきをくらえどもあまからず、

がくけどもたのしからず、居処きょしょやすからず。

ゆえさざるなり。いまなんじやすくばすなわこれせ。

さいず。いわく、じんなるや。

うまれて三年さんねんしかのち父母ふぼふところよりまぬがる。

三年さんねんは、てん通喪つうそうなり。

父母ふぼ三年さんねんあいらんか。

スポンサーリンク

陽貨第十七21【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント