雍也第六

【論語】雍也第六11「賢なるかな回や」

雍也第六
スポンサーリンク

「賢哉回也」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が言った「()回はなんという賢者だろう。

一杯のご飯と一杯の汁だけで、あばら家に住んでいる。

普通の人ならば堪えられないだろうが回はむしろ楽しそうにしている。

回は偉いものだ。」

【原文】賢哉回也

原文です。

子曰、賢哉回也、一箪食、一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂、回也不改其樂、賢哉回也、

雍也第六その11

【読み下し文】賢なるかな回や

読み下し文です。

読み下し文

いわく、けんなるかなかいや。

一箪いったん一瓢いっぴょういん陋巷ろうこうり。

ひとうれいにえず。

かいたのしみをあらためず。けんなるかなかいや。

スポンサーリンク

雍也第六11【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント